食糧になった人間が存在する世界を描いた衝撃の作品「食糧人類」のご紹介と、新刊情報、無料試読情報をお知らせいたします

食糧人類-Starving Anonymous- ネタバレ 人間を食糧とする時代はすでに到来していた

[Handy一般]食糧人類

食糧人類-Starving Anonymous-
水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ (著)

ネタバレ前にこちらで無料お試し読みください
>>おすすめ無料試し読みサイト<<
※サイト内検索「食糧人類」もしくは「しょくりょうじんるい」と検索してください。食糧のりょうは「糧」「料」です、間違わないように注意っ( `ー´)ノ

 

◆食糧人間は現実に存在する

人間を食糧として養殖、飼育しているという設定の
「食糧人類」という作品ですが

 

みなさんフィクションだと思っていますよね

 

でも、「食人」という言葉がある通り

現実世界でもすでにその時代は到来していました

 

しかも数百年も前に…

 

 

◆中国の食人文化
文化というにはおぞましいのですが

 

かの三国志の中にも
漁師がもてなしの料理を作るための狩りに失敗し
そのために、自らの愛する妻を殺し、
その肉をふるまうというエピソードがあったりします

 

しかも、それは怪談的な話ではなく、むしろ美談Σ(゚Д゚)

 

ありえないですよね???

 

でも、もっとあり得ないのは
口に出すのもおぞましい、
人肉が滋養強壮の漢方として
いまだに売られている事件が発覚していると言う事…

 

一部の田舎ではなく、金持ちのステータスとしてや、

田舎の因習がいまだに残っていて、

最近の発展でお金を得ために

そのアングラなビジネスが表に見えてきて発覚など…

 

食料人類を読んでいて
ふと、現実にも起こっていることなんだと思うと

急に背筋が凍るおもいを味わいました
食糧人類-Starving Anonymous-
水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ (著)

こちらで無料お試し読みください
>>おすすめ無料試し読みサイト<<
※サイト内検索「食糧人類」もしくは「しょくりょうじんるい」と検索してください。食糧のりょうは「糧」「料」です、間違わないように注意っ( `ー´)ノ

 

おすすめサイトに関しては
こちらの記事でも紹介しています

>>無料で読むのに最適なサービスは?<<

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ